6月の中間報告 ※広告主とのやり取りでサンプルゲット!

みなさん。

どうも。龍馬です。

いきなりですが、商標(ルレアのミドルレンジ)サイトを作るうえで、商品の購入って結構お金がかかりませんか?

自分は今まで2種類のマニュアル(中村式リスタートアフィリエイトとルレア)を購入してアフィリを行っていますが、特にルレアのミドルレンジは商品のレビューが必要になってきます。

もちろん必ずレビューをしなければ、アフィリしちゃいけないって事はないんですが、実際にレビューした方が読者にも、そしてグーグルにも良い評価がしてもらえるんですよね。

この両者に評価されれば、上位表示できるわけで、このレビューがSEOにとってもすごく大事なんだな~と最近思うようになってきました。

ただ、自分のおこずかいは月2万円!!(泣)で商品まですべて購入するってのも限界があるし、今からアフィリを始めようとしている人ってお金がない人が多いので、なかなか商品を手に入れるのって難しいですよね??

ですので、今回は、

「広告主からサンプルをもらう方法」

を私が実践した経験でご紹介します。

なるべく安く商品をゲットしたい!そう思っている方は参考にしてください。

A8フェスティバルに参加する

A8フェスとは「A8」というASPが年に数回開く、商品の説明会みたいなものです。

実際に私も、昨年の大阪フェスに参加をしました。

>>>その時の様子はこちらからどうぞ

このフェスは沢山の広告主が出店していて、サンプルなどが沢山もらえます。

ただ、デメリットはサンプルは小さかったりと、本商品とは変わってきてしまう事。

商品によっては、定期購入などとは全く違うといった事もあるので、しっかりとしたレビュー記事は書きにくいです。

また、入場がランク別で区別されるので、まだあまり売れていないアフィリエイターは売れているアフィリエイターより入場が遅くなります!!

その分サンプルもゲットしずらい傾向があります。

サンプルが最初からもらえる商品を選ぶ

ASPなどで、商品を選ぶ際、商品の説明欄に「サンプルを渡します」と書いてある商品もあります。

実際に私もこういった広告主からサンプルをもらったことがあります。

商品の疑問などを広告主に問い合わせてそのついでにサンプルがないか聞く

最近、商品の使い方をある広告主に問い合わせる機会がありました。

その、メールでのやり取りの中、ダメもとで「サンプルもらえませんか?」と問い合わせるとあっさりOK。

以外に簡単にサンプル(通常の商品)がもらえました。

ただ、大事なのは広告主に誠意を見せることだと思います。

ただの「くれくれ君」になってしまうと、逆に広告主との関係が悪くなってしまいますので・・・・・。

「あなたの所の商品をしっかり紹介します。がんばります!」といった誠意が必要です。

(必ずもらえるわけではないのでご注意を。)

以上、今回は自分が実際に行っているなるべく安く、紹介する標品をゲットする方法を紹介しました。

商品を買うお金がない!!
なるべくお金を掛けずに商品をゲットしたい!!

そう思っている方は、ぜひ参考にしてください。

その他もろもろ

6月の前半は、あまり記事作成ができませんでしたが、ちょこちょこと作業を継続しています。

新しいサイトからの報酬発生もあり、どんどん記事追加していきたいと思います。

PS

前回のこのブログで、自分の尊敬するアフィリエイターでルレアを実践されているトシさんの事を書かしてもらいました。

すると今度は、トシさんがご自分のブログで侍アフィリエイトの事を紹介してくれたんですね!!

これマジで嬉しかったです!!

なんかちょっとアフィリエイターになれたような感覚がして、ブログをやっててよかったな~って改めて思わされましたね^^

【余談】

全然違う話ですが・・・ 私はアフィリ同様、引き寄せの法則や、人間の本質的な部分の勉強も実はしています。

「自分の得えるものは、自分は発信するもの」

つまり、人に与えたものや、自分の出している波動が自分に返ってくるんですよね。

だから、いい気分でいれば「いい気分の事が返ってくる」し、嫌な気分でいれば「嫌な事が自分に跳ね返ってくる!」これって人間の原理原則なんですよね。

えらそうな事言っていますが、自分もこれがなかなかできない時っていっぱいあります。ですが少しでも、自分の大事な人には何かを与えてきたいと思っています。

よくわからない文章になってしまいましたが、とにかく自分がいい気分でいること。

グッドフィーリングでいる事ってアフィリをやる上でもとっっても大事だと思います。

だって、いい気分で記事を書かないと、相手にそれがわかってしまいますからね。

それでは、6月後半も頑張ります!!

目指せ月10万円!!

 

 

コメントを残す